JKとエロ議員センセイ 下巻 「ドジっ娘メガネ秘書・初音~拗ねて抓ってハメスクワット」


初音ちゃんは嬉しそうでした。
センセイのお手伝いとして、スーツを身に着けメガネを掛けて、JKならぬエロカワな秘書スタッフさんになっているのです。
そんな初音ちゃんをセンセイが見過ごすはずもありません。

遊説の途中にちょっと公園でハメヌキ三昧。 そのままヌかずで2連チャン。
瑞々しい肢体もエッチなことには慣れてきて、初音ちゃんも思わずおねだりしちゃったりするのです。
「センセイ、いいですぅ、思いっきり私の中に下さいッ」
事務所に戻ると秘書さんが居る最中に、机の下に押込まれ、そのままバックでズンッズンッズンッ。

センセイと秘書さんが話している間、声を潜めて突かれ続けて、挙げ句の果てにはジェラッてふぐりをピンハネする初音ちゃんなのでした……

そんなふたりに訪れるのは黒い陰謀なのです。
センセイが気付いた時にはすでに初音ちゃんの姿はなく、携帯に掛かってくるのはドンからの呼び出しで……
「……貴方が裏で手を回したのですか……?」

恐ろしくても毅然に向き合う初音ちゃんの前には……

【JKとエロ議員センセイ 「ドジっ娘メガネ秘書・初音~拗ねて抓ってハメスクワット」】

JKとエロ議員センセイ ドジっ娘メガネ秘書・初音~拗ねて抓ってハメスクワット◆