アイカギ THE ANIMATION


学園最後の冬。
受験と卒業を間近に控えた「春原望」は、途方に暮れていた。
自立をしろと言われて一人暮らしの部屋を探していたが、なかなか条件に合った物件が見つからない。
そんな望を見かねたのか、幼なじみの「小鳥遊汐栞」から一つの提案

「そのっ……! わ、私の……、私の家で一緒に暮らしてみない!?」

自立をしろと言われたのに、それじゃあ二人暮らしになるんじゃ……?と疑問に思う望だが、両親の快諾から流れるようにことが進み、気づけば幼なじみと 2人で暮らすことに。
1ヵ月間だけの期間限定の同棲生活。
短い期間だし、幼なじみなのだから間違いなんて起こるはずがない。
そんなことを思っていたが、一緒に生活することで初めて知る汐栞の一面、ふとした瞬間の女性らしい仕草。
彼女を意識する度にドキドキと高鳴る鼓動。

「俺たち、どうなるんだろ……」

幼馴染の女の子と二人っきりの生活が始まる―

【アイカギ THE ANIMATION】

アイカギ THE ANIMATION