真章 幻夢館 Epilogue.1~夢と告白と迷走~


愛と憎しみの惨劇により、炎に包まれた 『幻夢館』。
館が炎上してから三ヶ月……当事者である探偵・木戸悟は生き残りである渡瀬望、事務所の社長である中山芽衣と共に悠々自適に暮らしていた。

大好きな木戸に優しい言葉をかけられて探偵事務所へ来た望。
しかし、木戸にとって自分は本当に役に立っているのだろうか? ここに居場所はあるのか? 本当はただの情けで呼んでくれたのでは……
自問自答を繰り返す中、木戸は望のすべてを受け入れるのだった。

芽衣はその光景を目にし、なんとも言えない日々を送っていた。
その思いに望が気付き、後押しされる形で木戸に自分の気持ちを伝える芽衣。ついに念願の木戸と結ばれることになるのだった。

…しかし、それが新たなる物語の始まりになる事は、誰も予想出来なかった……。

【真章 幻夢館 Epilogue.1~夢と告白と迷走~】

真章・幻夢館 Epilogue.1 ~夢と告白と迷走~

原作もチェック!
真章 幻夢館
真章 幻夢館