JKとオーク兵団 ~悪豚鬼に凌虐された聖女学園~ クールなオッドアイ・雪乃~ハメる裏切り


ホンの少し前―― お嬢様学園での日常は一瞬にして殺戮と凌辱の世界へと変わりました……。
雪乃お嬢様はひとり愚痴ていました。
「チッ、なんなんだよ、コレ」
学園内の至る所に転がる男の死体と、豚さんのような醜いオークに突き上げられている美少女……。
目の前に拡がる惨状……平穏な日常が一転した現実を受け入れるのに必死のご様子でした。
紗英お嬢ちゃんは病弱でした。

今日もお姉ちゃんの琴子の言うことに耳を貸さず、無理矢理参加した体育の授業で倒れると、そのままいつもの居場所・保健室のベッドの上へ直行でした。
心配するお姉ちゃんは、妹につい辛く当たってしまうのでした。
そんなふたりが家に帰ろうと廊下を伺うと、琴子はそのあり得ない光景にがく然とします。
紗英をロッカーに押し込めると自分はベッドの下へと隠れ、不気味に彷徨うオークをやり過ごそうとしたのですが、
見つかりそうになった妹を守るために琴子は、自らを犠牲にオークをおびき寄せるでした……。
「こ、こんなのお姉ちゃんじゃないよ……」

オークに連れられていったお姉ちゃんを探しに、廊下へと顔を覗かせた紗英の眼前には、
激しく突き上げられだらしなく恍惚に肉棒を貪る琴子お姉ちゃんの姿がありました……。
その後、紗英は雪乃と遭遇し一緒に身を隠したものの、そんなふたりの前にゆっくりと現れたのは……

醜いオークに激しく貪られ、白濁漬けにされる美少女たちの無残に晒された肢体……。
無慈悲に腰を振るだけのオークに為す術もなく、人形のようにただ嬲られ蹂躙され、咥えさせられ突き上げられ注ぎ込まれ、
あらゆる穴を辱められる、ただの牝へと堕とされるだけなのです……。

【JKとオーク兵団 ~悪豚鬼に凌虐された聖女学園~ クールなオッドアイ・雪乃~ハメる裏切り】

JKとオーク兵団~悪豚鬼に凌虐された聖女学園~ 「クールなオッドアイ・雪乃~ハメる裏切りと豚足巨根」