狙われた女神天使エンゼルティアー ~守った人間達に裏切られて~ 「狙われた巨乳無垢・優理 ~護った笑顔に堕とされて~」


人々を助けるために、戦うことも出来ず性奉仕し続けているエンゼルティアー。
白濁にまみれて精根尽き果てようとしていたところに、さらに現れる魔界の王の娘・摩耶。
「あ、あなたの好きにはさせませんっ」

辛うじて抵抗の意思を見せるエンゼルティアーだが、

「精液まみれのボロボロの姿で言われてもねw」

蔑まれると同時に見せつけられる圧倒的な力の差。 そのうえ、

「智君や、アナタの大事な人たちがどうなってもいいの?」

正体を知られた上に身近な人たちを人質にとられてしまう。

「フフ、あなたはただ従えばいいだけよ。 わたしを楽しませるために」

不安を誘う摩耶の言葉とともに眼前に突き出されたのは、父のように慕っていた丸山の屹立したイチモツであった。

摩耶にころっと言いくるめられ、優理を救うための言葉を口にしながら歪な笑みを浮かべる身近な相手を……
哀しげに見上げるしかないエンゼルティアーであった。

【狙われた女神天使エンゼルティアー ~守った人間達に裏切られて~ 「狙われた巨乳無垢・優理 ~護った笑顔に堕とされて~」】

狙われた女神天使エンゼルティアー~守った人間達に裏切られて~「狙われた巨乳無垢・優理~護った笑顔に堕とされて◆~」