秘湯めぐり 隠れ湯 舞桜編 2nd. 手折られる可憐な桜


望まぬ男と過ごしてしまった初めての夜……、そのことは舞桜の心に暗い影を落としていた。
朝食に手を付けず、元気のない様子の舞桜を心配する美紀男。
その時、美紀男の携帯にメールが着信する。 送り主は舞桜に最も合わせたくない男・健三からであった。
美紀男はメールの送り主を舞桜に悟られないために、携帯を片手に一人で外へ出て行った。

それを見計らったかのように、一人残された舞桜の尻に這い回ってくる手。
舞桜は昨夜の忌まわしい記憶を払うように、その手を抑えようとする。
だが、やらしい動きを制しようとした手は、逆に指を好色に絡め取られるだけであった。
身体に昨夜の熱い感覚がせり上がって来た時、耳元でささかれる誘いの言葉。
彼女の想い人は側には居ない……

秘湯めぐり 隠れ湯 舞桜編 2nd. 手折られる可憐な桜

秘湯めぐり 隠れ湯 舞桜編 2nd. 手折られる可憐な桜

原作もチェック!
続・秘湯めぐり Best Price版
続・秘湯めぐり Best Price版