くの一牡丹 その二


囚われの牡丹と夜鈴、拘束されて尚も責められ続けている。

深夜、屋敷の地下牢。
拘束されている牡丹と夜鈴、密かに逆転の策を練る。
半鬼の男を操る商人は、鬼の気を制御する薬「鬼越夢」を持っているはず。
牡丹と夜鈴は地下牢を抜け出し、鬼越夢が隠してある部屋に忍び込む。
ようやく薬を手に入れたところで、またも半鬼の男たちが現れる。
商人は全てお見通しで罠を仕掛けていたのだ。

Kunoichi Botan 02

原作もチェック!
くノ一牡丹
くノ一牡丹