真・秘湯めぐり JK若女将・伊織~悔しげに羞じらい緩む身八つ口


椿伯母さんの経営する旅亭・桂城荘には、連日怖い人たちが来てワーワー怒鳴りまくっている。
そこに現れたのが彼だ。 探偵なんだって……。
お部屋を仕事場代わりに使っていて、椿さんとも顔見知りの雰囲気。
JCの頃、母の男探しのために残された私を、からかいながら相手してくれたお調子者。
都会から古びた街に来て楽しみもなかった私の息抜きには、ちょーどよかったけどね……
いつもからかってくる、そんな彼に、私の気持ちは少しだけ……ほんのちょっぴりだよ。 へへ……バカみたいだよね。
あんなことがあるなんて思わなかった…… あんなことになるくらいなら……始めからこんな気持ち……
……今日もあの人は私の部屋にやってくる。 若女将の見習いをさせてもらってる私が仕事を終えると、決まってやってくる。

嫌がる私をなだめながらするのがいい、とか。 文句を言う強気なところがいい、とか。 ……バカみたい。
仕事終わりの汗まみれの身体を無造作にいじるあの人の手。 おっぱいを鷲掴みにして、乳首を痛いくらいに摘み上げる。
ショーツは脱がさずに、脇からねじ込むのがいいって。 何度されてもイヤなものはイヤ。
けれど、気持ちとは裏腹にどうしようもなく私の身体は熱く潤ってしまう……
いつだったろう、お風呂の掃除中、あの人に無理矢理入れられて、激しく突き上げられて、汚されて……
それでも仕事に戻らなくちゃいけない私は、あの人の匂いを拭い、素知らぬ顔をして仕事をし始めたけれど、かすかに残ってしまったあの人の匂いに、仕事中なのに敏感に反応してしまう私のカラダ…… 目の前には彼がいるのに……
身体に刻まれたあの人の形、教え込まされた嗜み…… あの人好みの女に……私は変わってしまうのかな……

Shin Higou Meguri