俺が姪(かのじょ)を○す理由(わけ) 一日目 彼が彼女を手に入れた日


大木隆二(おおきりゅうじ)には、かつて想い人がいた。
彼女は隆二の兄と結婚し、やがて子供を産んだ。
報われなかった恋心は時間とともに歪み、隆二の中で澱んでいった。
隆二の想い人の娘、凛夏(りんか)。
彼女が、家出の隠れ家として隆二の元を訪れる。
整った目鼻立ち。母親に似た美人に成長した凛夏。
思春期を迎え胸にも太ももにも程よく肉がつき、
女の身体をセーラー服から見せている。
想い人の面影を残す凛夏に、歪んだ欲望が再び沸き立つ隆二。
偶然にも見つけた媚薬が彼の最後の理性を崩れさせる。

ちょっと家出をしてきたその女は、
俺が赤ん坊の頃から知ってる女。
俺が恋い焦がれる女性に面影がそっくりで、
そして俺が知らない成熟過程の身体の持ち主。
…俺は、理性が崩れ落ちる瞬間を知る。

El caso de Rin #1

原作もチェック!
俺が姪を犯す理由
俺が姪を犯す理由