ヤバい!―復讐・闇サイト― いじめ速報、燃料投下!? ネット民に問う。妹殺しはこの牝豚3人の中に……編


妹殺しの犯人よ……見えるだろ……
このネットの奥から覗く、女体に飢えた無数の血眼が……

隔離病棟跡地にそびえ立つ廃墟。
その建物の中に学生服の少女が三人、手脚を拘束されて転がされている。
モデルをやっているという印南美涼(いなみ みすず)と、女優として芸能活動をしている湯川文乃(ゆかわ あやの)。
そして妹の親友だったらしい椿利奈(つばき りな)。
三人を監禁した手塚遼は、彼女たちを見下ろしながら数週間前のことを思い出していた。
父からの連絡で知った “妹の自殺”。

父子家庭で育ち、二人で過ごすことが多かったこともあり、兄である自分のことを慕って微笑みかけ続けてくれた妹。
二人はただの兄妹以上に愛しあっていた……。
妹を亡くした悲しみに打ちひしがれる遼をあざ笑うかのように、不審火による出火が原因で実家を全焼。
父親までもが悲劇に見舞われ、帰らぬ人となった。
悲嘆にくれ、生ける屍のような生活を送る遼。
ある日遺品として持ち帰ったビデオカメラを何気なく再生すると、そこには妹が自殺するに至った原因が撮影されていた。
床に転がる3人の少女たちは皆、妹の自殺との関わりがあるらしい。

遼が妹のクラスメートをターゲットに聞きこみをした結果、そこまではわかった。
妹の死を悲しむふりをしながらも、必死に自分たちの関与を否定する3人の少女たち。
「お前らが真実を話す気がないなら、話したくなるように、痛い目にあってもらう」
用意された拷問部屋には見たこともない拷問器具と一緒に、無数のビデオカメラが設置してある。
「お前らへの尋問は、すべてカメラを通じて、ネットに中継するつもりだ……

そのご自慢の裸をとくと晒せばいい……そう、身も心も……本性を晒しだせ !!」

HENTAI ANIME