黒獣(クロイヌ)~気高き聖女は白濁に染まる~ ~オリガ×クロエ 黒の城、崩落編~


セレヌス大陸の西方に位置する平原地帯・エオス。 その北方の境界線にある七つの砦を中心に、数百年に渡って行われていた同盟軍と魔軍との攻防戦は、ダークエルフの女王・オリガ の力の衰えをきっかけにして、最終的な局面を迎えるように見えた。
女神の生まれ変わりであるハイエルフの呼びかけのもと、“七盾同盟” を結成し魔軍に抵抗し続けた同盟軍は、この戦いに終始を打つため、主人公・ヴォルトを頭とする傭兵団 “黒犬傭兵団” に総力戦の前衛を依頼する。

力が衰え始めたオリガに、黒犬傭兵団の猛攻を抑える手立ては無かった。
側近であるクロエと共に囚われの身となるオリガ。 ヴォルトに乗っ取られた黒の城に、オリガとクロエの喘ぎ声が反響する。
黒犬傭兵団たちによって、抑えていた性欲を身体の奥から引きずり出されるオリガとクロエ。
苦痛に歪むその表情が、やがて恍惚なものへと変化していき…… 女王・側近としてのプライドをなくしたふたりは、自ら男性を求めるメス豚へと成り下がる。

そして魔軍を侵略した黒犬傭兵団は、攻め落とした黒の城を拠点とし、かつての同盟軍 “七盾同盟” に新たに牙を向ける。
驚き、慌て、憤り、悲しみ…… 様々な反応を見せる同盟軍に対して、傭兵軍団を率いるヴォルトが出した宣言に、同盟側の人々は耳を疑った。
国中の女たちが、訪れる不特定多数の男性たちに性的奉仕を行う “奉仕国家” の建国宣言。
女たちは、この建国宣言が嘘でも誇張でもないことを、その身をもって知ることになる。

Kuroinu Kedakaki Seijo wa Hakudaku ni Somaru ep 1

黒獣 ~気高き聖女は白濁に染まる~ オリガ×クロエ 黒の城、崩落編