かぎろひ~勺景~ Another 第三夜 乱れる淑女、悪意の花踊る


「桐島 楓」の死の真相をつかむ為、葵は村の顔役「根頭 菫」のいる神社を訪ねた。
菫に対して訳も分からず拒否感を覚える葵。
菫はあくまでも微笑みを浮かべながら、葵を自宅へと招く。
菫から出されたお茶で意識を失った葵。
目覚めると、彼の身体を貪るように舐めまわす菫の姿があった。
困惑する葵に構うことなく、自らの秘部で彼自身を咥えこむ菫。
普段の彼女が纏う貞淑な雰囲気は消え、肉欲のまま、淫らに腰を振る。
葵に跨り、子種をせがむ菫。
着物がはだけ、隠されていた豊満な女体が露わになる。
熟れた双乳を弾ませ、乱れ髪を艶めかしく踊らせる。
しかし、その目は怪しげな色を宿し、不気味に歪む笑みで葵を見つめている。
そして彼女がこぼす、葵の父親との関係。
翻弄される葵に、真実が語られる。

桐島「先輩は一人でいる時、寂しくなったりしないですか?」

葵は思い出す。
夕暮れの帰り道。楓と葵、二人きりの穏やかな時間。
自らの暗い過去を語り、涙をこぼす大切な幼馴染の少女。
楓は葵に、何を伝えたかったのか……。

KAGIROHI: SHAKU KEI – ANOTHER Part 3

原作はこちら
かぎろひ〜勺景〜
かぎろひ〜勺景〜